読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェリー日記

読書家ブロガー

今年はinstagramが本命の年かもしれない

マーケティング

こんにちは。チェリーです。

 

長かった正月がとうとう本日までとなりました。

1週間も仕事脳から離れることができた。

1週間もリフレッシュが取れるなんてそうそうないから本当に今年の正月は良かった。

と言っても正月にはどこにも言っていない。

 

前回今年の抱負を書いたばっかりではあるのだが、

今年の目標はどうやらinstagramマーケティングを頑張ることになりそうだ。

というのも、そろそろネットコンテンツが写真や動画がメインとなって来ているみたいでtwitterとかyoutubeが下火となって来ているらしい。

 

じゃあ、過去にtwitterとかyoutubeを楽しんでいた層がどこに言ったかというと

instagramとかpinterestに流れたとか。

 

instagramかー。

 

実は私は写真には全く興味がない。というよりも興味を持てないというのが正しい。

だって、「そんなに写真を撮るものなんてあるのかよ」と思う派だから。

そのためか、あまりinstagramのリサーチに情熱を持てないでいる。

 

で、なんでinstagramなのかというと、

去年の秋頃にピコ太郎の「PPAP」が大ヒットしたのは有名だけど、

確かその有名になるきっかけがピコ太郎がinstagramに投稿したものをジャスティン・ビーバーがいいねしたからだっけ?

ちょっと前はfacebookでバズったのだと勘違いしていました

(正解はtwitterらしいね。)

 

まっ、とにかく去年からSNSの主流コンテンツのほとんどが写真や動画になるそうです。写真や動画と親和性の高いコンテンツがネットで消費されるのが2017年だとか。

写真や動画をコンテンツに持てるコンテンツホルダーはこれからは強いですね。

 

そんなこともあって、ビジネス上でつながっている友人からinstagram戦略をリサーチしてくれという依頼が本日あった。こっちから言わせればそんなもん勝手にやれなわけですけど。どんな業界でもそうですけど、セールスに関してはマーケティングやリサーチが一番時間がかかる分野で、さらに厄介なことに事リサーチについては終わりがないからやろうとすればいくらでもリサーチすることができる分野なのです。

 

しかし、このリサーチをちょっとでも鈍ると途端に業績に影響来るのでサボることが難しかったりする。なのでリサーチの力加減が難しかったりする。

 

この文章を書いている側からモチベーションがなくなってきたな。

これはもうやるなという意味なんだろうか。