読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェリー日記

読書家ブロガー

スーパーマリオランをやり尽くして気づいたこのアプリが批判される3つの理由

ゲーム

こんにちは、チェリーです。


昨日は16日(金)にリリースされた「スーパーマリオラン」を
ずっとやっていました。特にゲーム機といったハードが必要なわけではなく
インストールするだけなんでね。

f:id:qed805:20161218134540j:plain

 

あとはやっぱりマリオランは任天堂スマホゲーム業界に対して
初めてリリースするアプリなのです。
だからこのマリオランにはここれまでの任天堂のリサーチと
マーケティングの結晶のはずです。


これをやって初めて任天堂マーケティング戦略が見えてくると思うんですよね。

 

そんな理由で、いろんな人から批判を浴びまくっている
このマリオランを1日中やってみることにしました。

 

どこに行ってもマリオランです。


僕はiphoen7でプレーをしているので防水なのもあって
初お風呂でのプレーを体験しました。


今回のマリオランが初めてです。

それぐらい気合いが入っています。

 

とまあ1日しか実質やっていませんが、
やっぱりなんだかんだ言っても、

 

つまらねえー

 

というのがやり尽くした後の感想です。

 

たがしかし、そのつまらないと思った瞬間の傾向が自分の中で
掴めてきたので自分の中でまとめてみることにする。

 

1. 簡単なステージをサクサク進めてクリアできた時

このゲームの構成は簡単に言えば3つの構成でできている。

 

1) ワールドツアーなど各ステージ
2) キノピオラリー
3) ボーナスゲーム

 

この1 のワードルツアーは全部で6個のワールドステージがあり、
1ワールドは3つのステージとお城ステージに分かれている。

確か無料ユーザーはワールド1の3つのステージまでしかできなかったはず。
(ちなみに僕はもうすでに課金していますので全ステージが解放されています。)

 

で、やっぱりワールド1の各ステージの難易度は簡単で
普通にぴょんぴょんとジャンプしておけばクリアできてしまうので
表面上は簡単そうに見えた。

 

ゲームというのは全てが簡単だと途端につまらなくなってしまうので
簡単なゲームは飽きられやすい傾向になります。

 

で、僕はというとやっぱり最初の3つのステージはトントン拍子に
クリアできてしまったので「つまらないなぁ」と思ってしまったわけです。
なんせ、本当に画面をタップするだけでサクサク攻略できてしまったわけですから。

 

で、すぐにお城ステージまで行けたわけですが、
このお城ステージは無料だとわずか20秒しかプレーすることができないのです。
これがなかなか任天堂さんはうまいやり方だなぁと思いました。

 

わざと20秒間はお城ステージをプレーできてしまうのですから。
要するに「焦らし」ですね。

 

これが全くお城ステージをプレーできなくて
「プレーしたかったら1200円払えや!」というスタンスだったら
さすがの僕も課金することを躊躇していた気がします。

 

ここが任天堂さんのうまいやり方だったと思います。

 

僕はお城ステージを20秒間プレーさせてくれたので
20秒間課金するかどうかを考えたのちに課金することにしました。

 

そんなわけで僕は任天堂の術中にハマったわけです。
しかし、課金はしたのですがお城ステージも最後のクッパの倒し方が
イマイチすぎて若干つまらないなぁという印象を受けました(笑)

 

2. オンライン対戦ができると思ってたらその形式がとてもつまらなかった。

さて、次につまらないなぁと感じさせられたのが
オンライン対戦みたいなゲームモードの「キノピオラリー」とかいうゲーム。
まあ、ゲームの詳細を説明するとネタバレになってしまうので
そこはYouTubeにお任せします。

 

任天堂はこれまでにWiiやら3DSなどで対戦ゲームはガチで面白かった印象があります。
スプラトゥーンが有名ですよね。


なので、このマリオランが実現されるとしたら

どんな対戦ゲームになるんだろうなと思ったら、これが実につまらないではないかと(笑)。
基本はステージにあるコインを対戦相手よりも集められたら勝ちというルール。


で、その対戦相手がオンラインでリアルで戦えるのかなと思っていたらそうではなく、
対戦相手の「残像」みたいなものと競うわけです。

 

うん、リアリティーがないな。

 

そう思ったわけです。

これに勝利して買っても「ふーん」という感想しかできず、
これに負けると「イラっと」してしまう、
そういうゲームバランスです。

せめて、「勝ったぜ」という勝利の体験は欲しかった・・・。

 

3. 自分のお城の育成ゲームのゲームバランスが微妙であった。

これは今のところ不明点なのですが、
マリオランには自分のお城がありワールドツアーで集めたコインで
お城の城下町に置くことができる「素材」を購入できます。


素材というのはキノピオの「家」であったり、「木」であったり、
「ドカン」であったり「花壇」であったり色々です。
これをキノピオショップ?から購入してお城の城下町に建てる(植える)ことができます。

 

で、僕が思ったところがこれを植えたことでどうなるのか、
そこが分からないわけですね。


一応、ワールドステージをたくさんプレーしているとコイン自体は
恐ろしいスピードで集まっていきます。
最初はこのコインの数がプレー回数の指標になっているのかなと思ってたんですけどね。


これらの素材の価値がまだ見えていませんので、
今後に期待したいと思います。

 

 

そんなわけで、
いろんな人からつまらん、つまらんと低評価を受けている
マリオランをプレーしていたわけですが
やっぱり若干つまらないかもと思ったチェリーでした。

 

それでは、また。